相談はいつでも

弁護士に依頼すると出来ることはたくさんあります。借金問題を解決に導いてくれますし、適切な助言を与えてくれます。本来であればかかわりがなかったことであっても、本当に相談して良かった、と言えるような弁護士と会えることがあります。もちろん個人差がありますが、私達は特に難しいと思える問題において、弁護士に依頼することができます。特に今回取り上げている『示談』や、『慰謝料』という問題に関しては、です。

示談は相手方にとって有効となるのも、私達が面倒なことを避けられるのも同じことです。ただ、私達が被害者であるならば少なからずそれによってリスクが上がってしまうという点が懸念点です。本来はさらに公平に問題解決されなければならないことに、私達の側が逃げ腰になってしまうことがあります。しかし、そこで積極的に弁護士に相談するなら、示談に関しても、より誠実に物事を進めることができます。

私達は交通事故以外にも弁護士に頼ることができる機会というのはたくさんあります。そしてそれは法的トラブルに発展しやすければしやすいもののときに、やはりその重要性を確認するものとなります。示談という面においても、不利な状況に陥らないようにします。

リスクは『示談』で終わってしまう事

さて、そのようにして査定される賠償額は、『示談』に関するリスクと、どのように関連しているのでしょうか。いわば、車の破損など、確実にその場に被害があるのに『示談』にしてしまうことは、本来私達が受けられるはずの保障がなされないという可能性もあります。慰謝料は、賠償金に含まれるものですが、その中には車の修理費、それに怪我をしているなら治療費や入院費も含まれています。

一度示談をしてしまうと、それを覆すのは難しくなります。でも、示談となるとまた後日双方で合って、話し合いながら決めるのが普通ではないか?と思われる方もおられるでしょう。しかしすべてがその場合ではありません。人によっては、前科を負いたくない、面倒になることが分かっている、そういった様々な理由で、その場で示談に持ち込もうとする人が少なからずいます。

私達にとってリスクを回避することはとても大切です。もちろんそれには交通事故自体のリスクを回避することが空くまれますが、その後の段階まで想定しておくなら、いざいという事態が発生した時に、すぐに行動できるかもしれません。もし何も行っていないなら、それがきっかけになります。ですから、一方的な示談は受けない、ということは大切なことです。

示談におけるリスクと慰謝料

一つ目に挙げられるのが、『後遺障害のリスク』です。交通事故において、後遺障害を負うことになった人は少なくありません。どのような事故となったのか、という点が影響しますが、より重い症状であればあるほど、それは今後の生活にも多大な影響を及ぼすことになり、今までとは同じ生活ができないどころか、自力でものを食べるのも難しいような状況に陥ることがあります。そういった場合、いわゆる後遺障害の『等級』においては、介護が必要な状態、もっとも上の級に認定されることもあります。

さて、この後遺障害についても、請求する賠償の中に含めることができますが、その金額に関して、主に関係しているのは、まず『何級に認定されるか』という点、そして『弁護士が策定した金額か』という点です。等級認定においては、保障に関して、より等級が上級の方が、保障が大きくなります。これは考えてみれば当然で、それだけの損害を負っているということであり、症状が大きくなればなるほど金額が上がるのは当然です。

後者に関しては、もし弁護士に依頼することができるなら、弁護士が算定する賠償金の金額は、いわゆる『相場』よりも高くなります。ですから、弁護士に相談した方がより高い示談金を受け取れる可能性が高くなります。

待った!事故時の示談

何かの問題が発生した時、その問題を早目に終了させたくて、できるだけ簡単な方法を選ぶことがあります。問題を大きくしたくなかったり、こじれさせたくなかったりするためです。特定の場合にはそれは賢いこと、と言えるかもしれませんが、逆の場合には問題を先送りにしたり、問題そのものを悪化させてしまうことにもなり得ます。そのようなケースが考えられるのはどのようなことでしょうか。その一つに、『交通事故』における示談の問題があります。

ある二人のドライバーが片方の不注意により車同士が接触したとします。どちらの車にも破損が見られますが、人体に影響はないように見えます。あきらかに不注意をしていた方は、その場で責任を認めて、お金を払って示談で終わらせようとするかもしれません。そこで片方は、それに応じるでしょうか。それとも、正規の方法に則って、警察を呼び、相手の所在を確認したり、保険会社に連絡したりするでしょうか。

そういった選択を迫られるときある一つの点について考えることができます。このまま示談で終わらせてしまった場合、どのようなリスクがあるだろう、という点です。確かにこのままお金をもらって示談で終わらせることは楽、と言えるかもしれません。警察への連絡をすると時間や手間を取られるからです。しかし、実際に損害が起きていることを、うやむやにしてしまうのは、その後に何かしら問題を発生させる場合があります。それは、確実に被害者にとってのリスクです。