リスクは『示談』で終わってしまう事

さて、そのようにして査定される賠償額は、『示談』に関するリスクと、どのように関連しているのでしょうか。いわば、車の破損など、確実にその場に被害があるのに『示談』にしてしまうことは、本来私達が受けられるはずの保障がなされないという可能性もあります。慰謝料は、賠償金に含まれるものですが、その中には車の修理費、それに怪我をしているなら治療費や入院費も含まれています。

一度示談をしてしまうと、それを覆すのは難しくなります。でも、示談となるとまた後日双方で合って、話し合いながら決めるのが普通ではないか?と思われる方もおられるでしょう。しかしすべてがその場合ではありません。人によっては、前科を負いたくない、面倒になることが分かっている、そういった様々な理由で、その場で示談に持ち込もうとする人が少なからずいます。

私達にとってリスクを回避することはとても大切です。もちろんそれには交通事故自体のリスクを回避することが空くまれますが、その後の段階まで想定しておくなら、いざいという事態が発生した時に、すぐに行動できるかもしれません。もし何も行っていないなら、それがきっかけになります。ですから、一方的な示談は受けない、ということは大切なことです。

筆者について

運営者

記事を表示 →