示談におけるリスクと慰謝料

一つ目に挙げられるのが、『後遺障害のリスク』です。交通事故において、後遺障害を負うことになった人は少なくありません。どのような事故となったのか、という点が影響しますが、より重い症状であればあるほど、それは今後の生活にも多大な影響を及ぼすことになり、今までとは同じ生活ができないどころか、自力でものを食べるのも難しいような状況に陥ることがあります。そういった場合、いわゆる後遺障害の『等級』においては、介護が必要な状態、もっとも上の級に認定されることもあります。

さて、この後遺障害についても、請求する賠償の中に含めることができますが、その金額に関して、主に関係しているのは、まず『何級に認定されるか』という点、そして『弁護士が策定した金額か』という点です。等級認定においては、保障に関して、より等級が上級の方が、保障が大きくなります。これは考えてみれば当然で、それだけの損害を負っているということであり、症状が大きくなればなるほど金額が上がるのは当然です。

後者に関しては、もし弁護士に依頼することができるなら、弁護士が算定する賠償金の金額は、いわゆる『相場』よりも高くなります。ですから、弁護士に相談した方がより高い示談金を受け取れる可能性が高くなります。

筆者について

運営者

記事を表示 →